お知らせ

待望の大手町支社がオ-プン

2018年10月22日

先週の19日(金)に待望の大手町支社の開所式が、加藤社長の出席のもと、お客様として、矢澤宣志ヤザワコーポレーション会長、矢澤英一社長をお迎えして行われました。首都圏の各支社長・代行もお祝いに駆け付けてくださり、素晴らしいスタートを切れました。皆、社長に久方ぶりにお会いすることもあり、和やかな対話の花が咲きました。

開所式の中で、株式会社三井住友銀行 頭取 髙島 誠様、 株式会社みずほ銀行 頭取 藤原 弘治様、株式会社みずほ銀行 横浜駅前支店 支店長 佐藤 信様から賜った丁重なる祝電を、ご披露申しあげるとともに、心より感謝を申し上げた次第です。

大手町支社は、読売新聞東京本社ビル1階の東側の公開空地に面した場所にオープンしました。



とてもお洒落な雰囲気が漂うオフィスとなっています。





ビルの南口を入ると電飾案内板が視界に飛び込んできますが、そこに「テンポアップ大手町支社」も掲示していただいております。



古川専務執行役員(支店長)のもと、6名のスタッフでスタートします。また、デポレント事業の東京事務所を置き、本格的な営業活動に入ります。開所式のお祝いに、この日に契約を済ませた古川さんに「あっぱれ」を送りたいと思います。

正面の入口には、読売新聞東京本社様からの祝い花が飾られ、



オフィス内に入ると㈱ラディクス様、㈱ウィンウィン様、㈱アバンセ様の各社長様からの胡蝶蘭が置かれ


オープンに花を添えてくれました。また、オフィスの改修工事をして下さった協力業者の㈱Ten様に感謝です。

ところで、明年の1月2日、3日は、「東京箱根間往復大学駅伝」で各大学の激走が予測されます。そのドラマのスタート・ゴール地点の真横に位置するオフィスは、当日は、賑わいを見せることになるでしょう。往復10区間で凌ぎを削る駅伝は、生放送で中継されますが、楽しみの一つ。弊社のオフィスがテレビに映されると嬉しいと思います。

ともあれ、創業10年を向かえ、次に繋げる弊社のキャッチは「NEXT TEMPOUP」。襷をつなぐのは、他ならぬコマースリアルターの皆さんです。アップダウンの道のり、高低さ800メートルを超える過酷なコースに挑む選手達と私達の仕事を重ね合わせると共通項がよぎります。

ゴール地点に辿り着くまで、何が待ち受けているかわからないものの、振り返れば、感動のドラマがあります。仕事も、手掛けている最中は、無我夢中。アップダウンはつきもの。でも、「耐えた分だけ、丸儲け」を座右の銘とする創業者のように、一人ひとり、全員が、完走で優勝の栄冠を手中にすべく、稼ぎ、頑張りましょう。

 

この件について問い合わせる

キーワードで探す
エリアで探す
各支社ブログ サブリース フランチャイズ デポレント 委員会活動ブログ 熊本支社 高田馬場支社 四ツ谷支社 二子玉川支社 立川支社 錦糸町支社 スマホバイブル 国内外コラム コマースリアルター サポーター 店匠会
 
このページの先頭へ